FITチャリティランに参加

FITチャリティランに参加

日本にボランティアやドネーションが十分に根付いていないとのことから、沢山の主に外資系企業の社員の皆さんがあつまり、FITチャリティランという行事を行っており、今回で9回目の開催です。国立競技場で開かれた今年のチャリテイラン、難病ネットは仁志田実行委員長をふくめスタッフ全員が2.5kmkに参加しました。何しろ白州まで歩いた健脚揃いのこと、2.5kmではもの足りない雰囲気でした。昨年は参加企業やその社員等から約5,600万円が集まり、「ほっと・ステーションらら」など8団体に公平に寄附されました。難病ネットは委員会での選考で選ばれメンバーらの投票によって今年度のチャリティ先として選定されたものです。このチャリティ金は白州のロッジ建設費として使わせていただきます。