写真集「生きる喜び」基金募集のご案内

障害があっても満ち溢れる「生きる喜び」を、未来の看護師さんに届けたい!

 障害をもつ子の親たちは、わが子の生きやすい社会を作ろうと頑張ってきました。しかし、2016年相模原障害者入所施設で元職員が46人の入所者を殺傷する事件が起き、19人が亡くなりました。犯人が犯行の動機として言った「障害者は生きる価値がない」という言葉がマスコミで強調され、差別の風潮が強くなりました。今、「障害があっても生きる価値がある」とアピールしたいと思います。

 夏帆のいる場所で、夏帆とともにできることをしようと模索したのが、この「夏帆ミッション」です。医療的ケアのある日々のなかでの「夏帆の初仕事」への、みなさまの参加をお待ちしております。

河田真智子(写真集「生きる喜び」パンフレットより) 

 

↑ 画像をクリックするとPDFフィルが開きます ↑

 「生きる喜び」基金 申込書ダウンロード(別ウィンドウが開きます)