活動報告 第109号:あおぞら共和国 ロッジ3号棟竣工式あおぞら共和国 ロッジ3号棟が完成しました

活動報告 第109号:あおぞら共和国 ロッジ3号棟竣工式

 山梨県北杜市白州町に建設中の“あおぞら共和国”で、第3号ロッジが完成し、その竣工式が昨日4月21日(木)に現地で行われました。

 熊本での震災もあり、式典はこぢんまりとした地味な式典となりましたが、助成いただいた日本財団から佐藤常務理事、山梨県歯科医師会の井出会長らが雨の中出席され、温かいご挨拶をいただきました。また、可動式間仕切り壁を寄贈いただいた三和シヤッター工業株式会社の村井部長からもご挨拶を頂戴しました。

 第3号ロッジはこれまでのロッジの中では最も大型で、建坪は50坪、20名が宿泊できます。

 これで宿泊可能なロッジは、1号棟、2号棟、4号棟、そして今回のロッジ3号棟となり合計50名が宿泊できるようになりました。すでに患者団体で夏のキャンプを実施すべく申し込みも届いており、ますます利用しやすくなります。

 今年は敷地内に芝を敷設するほか、野外ステージを建設する予定です。周回路(トゥースフェアリーロード)も一部は完成しており、ロッジのそばまで車で行けるようになりました。