活動報告 第4号

サンタクロースの病院訪問

今年もサンタクロースが各地の病院を訪問して、入院している子ども達を見舞いました。
「メリークリスマス!」と呼びかけながら突然病室にやってきたサンタクロースを、子ども達はみんなビックリして出迎えます。
プレゼントをもらって握手して、写真を撮って次の病室へサンタは回っていきます。なかには、青い目と白いひげ、大きな体のサンタに驚いて泣き出す子どももいますが、そんな子もサンタが差し出すプレゼントはしっかり受け取っていました。

サンタクロースの病院訪問

今年は、神奈川県立子ども医療センター、順天堂大学付属順天堂医院、東京慈恵会医科大学付属病院、豊橋市民病院、自治医科大学とちぎ子ども医療センター、岡山済生会病院、国立成育医療センター、
http://www.ncchd.go.jp/center/information/event/081217santa.html
宮城県立子ども病院、宮城県立拓桃医療療育センターの9病院と、難病の子ども支援東海ネットワークのXマスパーティを訪問、合わせて1,450名の子ども達を見舞いました。

サンタクロースの病院訪問

サンタクロースの病院訪問

なおこの活動には、Hitachi3Tours Chmpionship 2007(JGTO・LPGA・PGA)、ファイザー株式会社、株式会社高島屋、株式会社タカラトミー、財団法人日本玩具文化財団からの協賛を得ています。

ハローウィンパーティ

ハローウィンパーティが今年も横浜カントリー&アスレチック倶楽部(YC&AC)で10月25日(土)開かれました。
YC&ACは横浜にある外国人専用のクラブで、施設内はポスターも英語、場内アナウンスも英語、スタッフも外国人が大勢働いています。ここでは毎年倶楽部主催のハローウィンパーティがあり、毎年難病の子ども達が参加しています。日本生まれのアメリカ人、メリー・コーベツトさんのコーディネートで、今年も11人の子ども達が元気に参加、外国ムードのパーティを楽しみました。ボランティアも社会人と学生など11人が駆けつけてくださり、子ども達と一緒に楽しみました。

ハローウィンパーティ