“あおぞら共和国”第1号ロッジ 竣工式

“あおぞら共和国”第1号ロッジの竣工式を行いました。

3月29日(土)はその名にふさわしく好天気で、甲斐駒ケ岳も八ヶ岳もきれいにみえました。最初のロッジ1号棟が完成して、竣工式が行われました。中央線の遅れにより開始時間を少し遅らせて、実行委員の田伏純子さんの司会で式典を開始。

はじめに後藤彰子みんなのふるさと夢プロジェクト副実行委員長の挨拶の後、この土地を寄贈していただいたフランスベッドホールディング池田茂社長からご祝辞を頂戴しました。つづいて北杜市の白倉政司市長、樋口雄一山梨県議会議員、小林登東大名誉教授、桑島昭文厚労省母子保健課長からもお祝いのご挨拶を頂き、続いて土屋正一一級建築士から建物の説明と、若き棟梁の青柳大樹さんからも挨拶がありました。

合間にタレントの多田純也さんからお祝いの太鼓演奏、獅子舞と続いて、テープカット、記念撮影、最後に小林信秋難病ネット会長からお礼とご挨拶を申し上げ式典が無事に終わりました。

この後、懇談会となりましたが、地元の青柳さんご一家の心のこもった料理や恒川さんご夫妻の本格的なバーベキューが披露され盛り上がりました。サントリー白州工場の皆さんからお茶や天然水などの飲料をご提供頂いた他、多数の皆さんから差し入れなど頂戴して恐縮しました。

東京や甲府、地元の皆さんなど70名以上の皆さんが駆けつけて下さり、盛大な竣工式となりましたことご報告いたします。

今回は1号棟の竣工で、秋には2号棟が完成、以降順次建設されていく予定になっています。

また、1号棟には太陽光発電・太陽熱温水システムが設置されますが、これは日本テレビの24時間テレビからの寄贈になっています。その贈呈式とチャリティ・ウォークが4/26(土)に予定されています。

なお1号棟の利用開始は6月になる見込みです。 また、2号棟は5月から工事が始まり、秋には竣工する予定です。