活動報告 第113号:会員総会報告、『あおぞら共和国』宿泊利用者1,000人達成! 他

6月4日に会員総会が開催され、また同日『あおぞら共和国』の延べ宿泊利用者が1,000人に達しました。

会員総会が開催されました。

 平成28年度の会員総会が難病ネット研修室で開催されました。当日の正会員数は262名、出席は24名、書面出席は148名でした。議長は鎌田泉さんが務めることとなり議事が進められ、平成27年度事業報告では、計画していた事業では、キャンプのうち沖縄でのキャンプは台風に直撃されたため中止となりましたが、そのほかの事業は全て予定通り実施できました。同決算報告では、収入は約3億円、支出は1億7千7百万円となり、繰越金は1億2千3百万円となりました。同監査報告がされ質疑の後、全員一致で承認されました。続いて平成28年度の事業計画では、あおぞら共和国が芝の造成、野外ステージの建設などを進めます。同収支予算計画では1億1千万円が予定されています。この後質疑が行われ、これも質疑の後全員一致で承認されました。

 総会の後、会員交流会の時間がもたれ、会員同士の情報交換と親睦がしばしの時間行われました。平成27年度も大変お世話になりました。有難うございました。

「平成27年度決算書」について  (PDF)

「平成27年度事業報告」について (PDF)

「平成28年度事業計画」について (PDF)

「平成28年度収支予算計画」について (PDF)

 

『あおぞら共和国』の延べ宿泊利用者が1,000人に達しました!

 あおぞら共和国ロッジ1号棟が利用を開始したのが2014年7月。ロッジ2号棟が2014年10月、ロッジ4号棟が2015年10月より、それぞれ利用を開始しました。宿泊利用が始まって約2年、ついに延べ宿泊利用者1,000人を達成することができました。

 2016年6月3日(土)〜4日(日)で利用いただいた神奈川県からお越しの渡辺ファミリーが1,000人目の利用者となりました。樹(たつき)くん(4歳・両大血管右室起始症)と蒼葉ちゃん(8歳)のきょうだい、従姉妹の湊佑くん(3歳)、それとそれぞれのご両親の7名でご利用いただきました。

 1,000人達成記念セレモニーでは3人の子どもたちにくす玉を割ってもらったあと、仁志田総支配人より花束とプレゼントが手渡され、子どもたちはとても喜んでいました。ご両親は突然のサプライズに驚きながら、カメラのシャッターを何度も押していました。

 子どもたちは早速ロッジに入り、樹くんの周りを走りまわったり、また階段を上ったり下ったりして、大いにはしゃいでいました。

 6月よりロッジ3号棟が利用開始となり、ますます利用者が増えることと思います。

 多くの方のご利用をお待ちしております。

延べ宿泊利用者1,000人目の渡辺ファミリー。

仁志田総支配人から樹くんへ記念の花束贈呈。