ピアサポート活動

病気や障害のある子を育てた経験者を「ピアサポーター」として養成、国立成育医療センターならびに神奈川県立子ども医療センターにおいて活動のためのカウンターと部屋を用意していただき、支援を必要としている家族の心に寄り添う「ピアサポート活動」を行います。

ピアサポートとは

 ピアサポートは、病気や障害のある子どもたちを育てた経験のある同じ立場の「親」が「なかま」としてご家族を支援する活動です。
 難病や障害のある子どもたちを育てた経験のある親たちをピアサポーターとして養成し、支援を必要としている経験の浅い親たちに寄り添い、共感と分かち合いの気持ちを持って家族をサポートし、また、支援を受ける側にいた親が、ピアサポートによって回復し、今度は支援を必要としている新たな親への支援を行うことによって、支援の輪が広がることを目指しています。

ピアサポート

活動場所

国立成育医療研究センター


毎週 火・木・金曜日の 10:00〜16:00

神奈川県立子ども医療センター


毎週 火・水・木・金曜日の 10:00〜15:00

東京都立小児総合医療センター


毎週 火・木・金曜日の 10:00〜16:00

慶応義塾大学病院

◆10月から3月までは下記日程で確定しています。(時間は10:00〜15:00です)

  10月10日(火)、25日(水)
  11月9日(木)、24日(金)
  12月5日(火)、20日(水)
  1月11日(木)、29日(月)
  2月16日(金)、27日(火)
  3月5日(月)、28日(水)

埼玉県立小児医療センター

 
毎週 火・水・木・金曜日の 10:00~16:00

こんなこと ありませんか?

 

一緒に活動しませんか?

支援を必要としているご家族をサポートする、ピアサポーターの養成講座を1年に2回(夏・冬)開講しています。

ピアサポーター養成講座のご案内はこちら →

小児慢性特定疾病児童等自立支援事業

平成27年1月より「小児慢性特定疾病児童等自立支援事業」が開始され、難病のこども支援全国ネットワークは、東京都より委託を受けて実施しています。
ピアサポートもその事業のひとつに含まれています。

ネットワーク電話相談