サマーキャンプ お~きな輪2013【平成25年度】『がんばれ共和国』レポート

  • □沖縄県恩納村 / みゆきハマバルリゾート
  • □期日 / 6月30日(土)~7月1日(日)

8月2日、快晴、暑い!

夏、沖縄だから暑いのは当たり前といえばそれまでですが、それにしても・・・

キャンパーは大丈夫だろうか? 体温調節がままならない子が多数参加するお~きな輪キャンプのいつもの心配ですが、雨がふったり、風がふいたりすることを考えればこの天気を神様に感謝しなければなりません。

お~きな輪は今回10回目の節目のキャンプということで、日程も従来の1泊2日から2泊3日と他のキャンプと同じで開催されました。そのおかげか例年ほとんど県内の子達ばかりですが、今年は東京や福岡から3組の参加もありました。

実行委員は準備を整えまずボランティアスタッフを迎えました。ほとんどが初めての方でしたがなじみの方や久しぶりの方もいらっしゃいました。皆さんへキャンプのことやキャンパーについて説明をしていよいよお出迎えです。

みんなでホテルの玄関に移動するとすでに到着しているキャンパーもいて、少しぎこちない感じはあるもののニコニコしてあいさつを交わしました。続々と到着し受付を行ない建国式の会場へ向かうキャンパーとボランティアでしたが、なかなかキャンパーが現れず不安そうにしているボランティアもありました。それでも今年は例年になく皆さんが受付時間に間に合い、当日キャンセルもなく建国式を迎えることができました。

国王の和翔くん、王妃の凛さんをお迎えして建国式が行なわれました。17家族、19名のキャンパー、総勢120名のお~きな輪の始まりです。

その後、支度を整えお~きな輪メインの「海」です。プールではなく海に子どもたちを体験させたい、との思いが強く海辺のリゾートにやってきました。経験豊富な水泳指導員とボランティアが一緒になりキャンパーやキッズを次々に海に入れてくれました。どの子もニコニコでした。普段は緊張の強い子も海に入るとかなりリラックスできるようで、砂や海水の感触、潮風のにおいを楽しんでいました。家族中で海水浴に夢中になり予定していた別のプログラムをキャンセルする方があったり、お風呂の時間になっても現れなかったりとこれまたいつものお~きな輪の風景でした。一方では涼しいホテル内でゆんたく(おしゃべり)やアロママッサージを受けるお母さんもいらっしゃいました。さっぱりした後は楽しみにしていた夕食です。ホテルの方が自信を持って提供しますと言っていましたが、すばらしいディナーブッフェでした。品数、おいしさともに満足のいくものでした。翌日以降の食事も飽きが来ないように工夫されていました。ひとつ残念といえばアイスクリームがなかったことでしょか。

夕食の合間には毎年ボランティアで歌ってくださる『小1バンド』のフォークソングも堪能しました。食後には花火も楽しみました。

2日目の午前中は室内プログラムで楽しんでいただきました。押し花やフォトフレーム作り、ミニエステ、ネイルと盛りだくさんでした。途中ホスピタルクラウンも飛び入り参加してくださり笑顔の輪が広がりました。

お昼からは沖縄のわらべ歌コンサートを聞いた後ビーズクラフトやローズウィンドウ作りを楽しむ方、アロマでくつろぐ方もある一方で、多くの子どもたちはまた海へ向かいました。大混雑が予想されましたが、ほどほどの人手で十分に楽しむことができました。すいかわりもしましたが海でいただくすいかはなぜあれほどおいしいのでしょうか。

夕食後はそれぞれゆったりすごし夜の交流会が始まりました。初日は早め(といっても12時を過ぎていたなぁ)に切り上げましたが、最後の夜とあってまた2日間で顔もわかってきたこともあり大いに盛り上がりました。途中○○が足りなくなり買い足しに行ったほどでした。ただ、もっと多くの方(親御さん、ボランティア)が参加できればなぁと毎年反省しているところです。

一眠りしたかと思うともう朝でした。前夜の交流会の席で恒例の早朝球技大会(今年はソフト野球)を急遽行なうことにしましたが連絡不足は否めず、深夜(というか早朝)までしゃべったり飲んだりしていたために選手が集まらず残念ながら中止になってしまいました。しかし、めったにみることがない朝日が昇るのを見ることができました。また、一番機(と思われる)飛行機が那覇空港から飛び立っていく姿も見ることができました。

時間はゆったり進んでいるようであっという間に過ぎていくものです。閉国式の時間となってしまいました。まだまだ遊び足りないという顔の子達、ちょっと疲れたかなという表情の子達もみんな揃って閉国式を行ないました。キャンパー家族・ボランティアスタッフの感想をお聞きすると、今年もやってよかったなぁという大きな喜びと至らなかったことへの反省がわきおこってきました。最後に全員で記念写真を撮って3日間の楽しいがんばれ共和国は終了となりました。

また、来年も元気で再会できるようにと一組一組の家族を見送りました。その後、ボランティア反省会を行ない、お互いに感謝の言葉を述べ名残惜しく解散したのでした。

最後に今年のお~きな輪を総括します。
まず、開催場所が直前に変更になり参加者、難病のこども支援全国ネットワークの方々にはご迷惑をおかけしました。ただ、けがの功名で海辺のリゾートホテルということで参加者の皆様には喜んでいただけたと思っています。 次に、従来の1泊2日から2泊3日にしたことでキャンパー家族にはたっぷり楽しんでいただけたのではないでしょうか。 親同士の交流を深めたいとゆんたく会を設けましたが、スタッフの気配り不足か思ったほどの成果は出なかったことが少々残念でした。 また、今年もたくさんの方に協力していただきました。フォークバンドやバトントワリングの皆さん、水泳指導、お風呂介助、多くのプログラムを提供していただいた多くの方々へ心から感謝申し上げます。

お~きな輪1

お~きな輪2

お~きな輪3

(冨名腰 義裕)