サマーキャンプ 七夕キャンプ2012【平成24年度】『がんばれ共和国』レポート

  • □宮城県蔵王町 / ゆと森倶楽部
  • □期日 / 8月10日(金)~8月12日(日)

「2012蔵王・七夕キャンプ! 今年も元気に楽しく過ごしました!」

サマーキャンプ2012「がんばれ共和国七夕キャンプ」は8月10日~12日に毎年おなじみ、宮城県蔵王町の「ゆと森倶楽部」で行われました。18回目を迎えた本年度は、キャンパー32家族とボランティアの参加を合わせ、総勢190 名!! 昨年の震災を吹き飛ばすかのような、にぎやかキャンプとなりました。今年もまた元気にみんなと会えたこと、初参加してくださったキャンパーとご家族、ボランティアさんがたくさんいたこと、嬉しい限りです。七夕キャンプは、「仙台七夕祭り」のジンクスのように3日間のうち必ず数時間、雨に見舞われるということが今までに何度もありました。しかし、今年は3日間とも晴天に恵まれ、自称「晴れ女」の私は1人で優越感にひたっております。

それでは、今年も楽しかった「蔵王・七夕キャンプ」の様子を皆様にご報告したいと思います。

建国式・大統領就任式を終え、今年も手作りの立派な七夕飾りが正面玄関にお目見えです。これがなければキャンプは始まりません。その後、「おやじ団結成式」が行われました。七夕キャンプの名物ともいえる「おやじ団」、今年で結成何年目でしょうか…。毎年、自己紹介で始まり、2日目の大演芸祭りの出し物の練習と流れていくのですが、今年はいつもと違う光景が…。すでに一部のおやじ団がダンスをマスターしている!そして他のおやじ団も覚えがすこぶるいいではありませんか? こんなこと初めてで担当者は涙ものでした。そして、いつも素晴らしい歌声を聴かせてくださるミューズの夢コンサート。入浴、夕飯を挟み、初日のイベントは「ザ・オウリンピック」。気付いていただけましたでしょうか? そうです、「オリンピック」と「蔵王」をかけたこれ以上ないネーミング。初めて聞いた時は「座布団1枚!」差し上げたい気持ちでした。玉入れ、リレー、綱引き(数年前にもやりましたが、大人が本気になりすぎて会場の外まで飛び出てしまう珍事件もありました)と大いに盛り上がりました。

2日目は早朝の熱気球から始まり、家庭菜園野菜掘り。一昨年、ブヨの襲撃で病に伏したS先生の教訓を生かし、今年も虫対策は万全です。S先生、犠牲になっていただいてありがとうございます。その後サランギコンサート、子ども病院コンサート(私もタンバリンで参加しましたが、大所帯のため、立ち位置がテラスの外で汗だくとなりました)と続きました。昼食は芋煮とバーベキュー。おやじ団の活躍も目立ちました。昼食の後は、「奥様のティータイム」…いい響きですよね? これはキャンパーのママ達が今年初めて企画してくれたイベントです。普段はなかなかキャンパーから離れることができないママ達ですが、パパやボランティアの協力もあり、全員参加!シャンパンで乾杯し、コーヒーやお菓子をつまみながら、あーっという間の1時間はとても貴重で、とてもいい時間だったようです。記念撮影も盛り上がっていました。そして、今年も大盛況のステンドグラス、乗馬。毎年恒例、盛り上がらないわけがない「大演芸祭り」と瞬く間の2日目終了です。

最終日は仙台フィルハーモニー管弦楽団のモーニングコンサートで贅沢なひととき…。毎年、ちょっぴり寂しくなってしまう、閉国式では七夕キャンプの代表曲、恒例の「キャンプが大好きだ」をみんなで歌い、3日間を振り返る…「楽しかったな、来年もみんなと蔵王で会いたいな」と思いつつ、幕を閉じました。

今年、初参加して下さった人工呼吸器を装着しているキャンパーは生まれて初めて気球に乗り、馬に乗りました。乗馬の達人医師の素晴らしい誘導のもと、馬の背にしっかり乗り、グラウンドを1周したんだとみんなに聞きました。涙が溢れてしまいました。呼吸器をつけていたって、歩けなくったって、おしゃべりできなくったって、このキャンプでは何でもできるんだよ!という証明をしてくれました。私がこのキャンプから離れられないのはキャンパーから毎年、このようなことを教えてもらえるからかもしれません。上司の紹介で初参加し、キャンパーやご家族、ボランティアの笑顔に魅せられ、閉国式での「キャンプが大好きだ」で号泣し、また来年も絶対蔵王でみんなに会いたい!と思わせてくれるこんな魅力的な行事はないぞ!と気づけば今年で10回目の参加となっていました。実行委員でありながら、ミーティングにもなかなか参加できず、申し訳ない気持ちでいるのに、今年は恐れ多くも「キャンプ長」を言い渡されてしまいました。(宴会の席で何となく了承していたらしいのですが・・・) 若干のプレッシャーらしきものがあったものの、楽しく過ごさなきゃキャンプじゃないと言い聞かせ、「長」らしいことは何ひとつしていないのに、結局、今年も自分が楽しんでしまいました。そろそろ卒業かな?と思いつつ、果たして来年は参加せずにいられるのでしょうか? 乞うご期待!

七夕1

七夕2

七夕3

(キャンプ長 宮城県立子ども病院 五味 千穂子)