サマーキャンプ あしがらキャンプ2011【平成23年度】『がんばれ共和国』レポート

  • □神奈川県大井町 / いこいの村あしがら
  • □期日 / 7月30日(土)~8月1日(月)

今年のあしがらキャンプは、7月30日~8月1日に、神奈川県大井町のいこいの村あしがらにおいて、キャンパー30名を含む総勢156名が参加をして賑やかに行なわれました。

1日目
スタッフは9時、ボランティアは10時に集合して、キャンプの準備が始まりました。ボランティア・オリエンテーションの後、各ボランティア・リーダーのもと、それぞれのチームに分かれてミーティングを行ないました。夏の大切な休暇を3日間、来てくださったボラさんは総勢52人。盛り上げ隊としての裏方の活躍に感謝です。

午後、多目的ホールでのペアリング後、建国式の始まりです。まず、主催者あいさつ、実行委員・医療班紹介、おやじ団結団。そして、大統領の選出。あしがらでは建国式もプログラムが盛りだくさんなので、選出方法は簡単に「じゃんけん」で。今年の大統領は蔭山愛恵ちゃん、副大統領は樫村祥生くんに決定し、大統領の建国宣言。その後は夜プログラムのゲスト紹介でハワイアン!! あしがらキャンプらしく、昼間からノリノリ。そして最後は、この日のために練習してきてくれた、キッズ団森下竜平くんのピアノに合わせて「気球に乗ってどこまでも」をみんなで歌いました。

入浴タイムとバイキングスタイルの夕食の後、今年も恒例の鴻池薫&ハワイアンソウルフレンズの~ハワイの歌と踊りの夕べ~が行われました。歌に始まり、マンドリンの演奏にゆっくりしたハワイの音楽に癒されました。また踊りでは会場のみんなもフラダンスを教えてもらいながら、優美な?時を過ごしました。2部に分かれていましたが、殆どの人が全部に参加して夏の優雅な時間に酔いしれました。

ハワイの歌と踊りの夕べ
ハワイの歌と踊りの夕べ

そして夜の交流会。今年は初キャンプの方の参加が多く、自己紹介の後は、それぞれのご家庭の情報交換や、思いを吐露する場所になったように思います。普段はなかなか夫婦で飲み会に行けることもなく、お互い知らなかった想いを聞くことができたのではないかと思います。

2日目
2日目の朝、昨晩の降雨による増水で酒匂川でのカヌーは中止の決定。しかし、がんばれメンバーの機転とホテルのご配慮もあって、急遽プールでカヌーができることに! 若干実行委員がはしゃぎ過ぎ!?でしたが、希望した家族全員がカヌーに乗ることができ、水面にたくさんの笑顔がうつっていました。

お昼はお楽しみのBBQ。おやじ団の活躍により、なんと、1枚の鉄板に4・5人がつくほど。今回は12時から焼き始め12時30分には生産調整(早すぎて焼くスピードを遅くした)。味は、BBQ経験者が豊富のため期待通りに仕上がったと思います。

午後は4つのプログラムが同時進行します。
昭和大学茶道部の皆様のご協力により今年も、雅な世界「野点」を行うことができました。参加できる部員さんが3名とお聞きし、裏方も頑張らなければと、準備の段階では心しておりました。しかし、お客様も順次ご来室下さり「和敬清寂」の心得で、「お盆点前」を75名の皆様にお楽しみいただきました。有難うございました。来年もよろしくお願いします。

ハンドマッサージは今年も皆さんに、ゆったりした心地よい時間を過ごししていただき、大盛況でした。キッズ団も整理券配布や接客係と、楽しそうにお手伝いをしてくれました。

内藤修さんとふれあいステンドグラス村・関東の皆さんによる「ステンドグラス」は、今年も個性的な作品がたくさん生まれました。

多田純也さんの「ただじゅんの和太鼓で遊ぼう」は、参加型のワークショップとして行なわれ、最後に参加者の息が合ってお囃子となったときには、なんとも言えぬ達成感が感じられました。

今回から「夜の団乱」と命名された夜のお楽しみ。今年も、多田じゅんさんの太鼓・獅子舞パフォーマンスと藤枝雑技団の賑やかしダンス。藤枝雑技団は、以前やったことのある「がんばらんば」。震災もあり、いろんな意味で自分たちも「がんばらんば」の思いで踊らせていただきました。会場の皆さんもノリノリで踊ってくれて嬉しかったです。多田じゅんさんのコーナーでは、お父さんたちの太鼓演奏参加、こちらもノリノリのダンスタイム、獅子舞登場でキャンパー・キッズたちもテンション上げ上げ。楽しい時間になりました。

柴田さんと一緒に行く夜の「わくわく探検」は、悪天候が幸いして(?)木々や仕掛けに今だかつてない程のカブトムシがたくさん集まり、参加者は大喜びでした。

3日目
3日目の朝、風が強く気球は中止の決定。皆が意気消沈して朝食を摂っていたその時、またしても奇跡が! 風が止み気球を飛ばせることになり、希望した家族全員が大空に飛び立つことができました。「がんばれに来たらやっぱり気球に乗らないとね♪」。乗り終えた家族から聞こえた言葉が印象的でした。

気球の会場へ
気球の会場へ

いよいよフィナーレの閉会式。あっという間の2泊3日。「これ誰の?」の忘れ物確認。必ず笑いが起こるあしがら恒例のイベントになりました。いつも笑わせてくれる「藤枝チーム」どうもありがとうございます!? そしてキャンプの思い出をスクリーンに映し出し、ピアノ伴奏による「気球に乗ってどこまでも」。たくさんの笑顔が輝いていました。閉会式後に記念写真、ボランティアさんとお別れ、「また来年」を合言葉にキャンプは終了となりました。

初参加の親父7名の参加もあり、ますます活発になった「おやじ団」。入浴・カヌー・BBQ・熱気球と本当に活躍してくださいました。特に3日目早朝、気球を上げるための準備に皆さん遅れることなく集合していただいたにもかかわらず、風の強さでやむを得ず「中止」判断。しかし、やはり上げようとなった時、あっという間に集まってくれ、無事に気球を上げることができました。結成2年目とは思えない結束力の強さです。イベント終了毎の「万歳三唱」もなかなか楽しいものでした。

おやじ団
おやじ団

キャンパーご家族の皆さん、ボランティアの皆さんありがとうございました! 医療班の皆さん、スタッフの皆さんお疲れさまでした!

(あしがらキャンプ実行委員:下河辺ちち+下河辺はは+高橋則子+田中千鶴子+塚原洋子+手塚純一+濱中喜代、亀井由季子、福島慎吾)