サマーキャンプ お~きな輪2011【平成23年度】『がんばれ共和国』レポート

  • □沖縄県名護市 / ホテルタニューウェルネスリゾートオキナワ
  • □期日 / 7月30日(土)~7月31日(日)
  • □協力 / 安謝小児クリニック

平成23年のがんばれ共和国inお~きな輪は例年どおり沖縄県名護市の多野岳にあるホテルタニューウェルネスリゾートオキナワで行なわれました。

毎年天候を気にしながらのキャンプですが今年はうまく台風の隙間に当たりすばらしい2日間をすごすことができました。

1.スタッフ・ボランティアミーティング
今年はキャンパーが大幅に増えたため準備が大変でしたが、スタッフの暑い情熱で抜かりなく(たぶん)当日を迎えることができました。早々と集まっていただいたボランティアの方々へ全体ミーティングを行ないました。その後、グループごとに分かれてリーダーの保健師さんを中心にキャンパーの情報を共有しました。お~きな輪は重度のキャンパーが多いため医師もグループを回ってサポートしました。準備を整え気持ちも高まってきた私たちはお昼過ぎにやってくるキャンパーを迎えるために腹ごしらえをしました。おいしい幕の内でした。

2.開国式 今年はほとんどの皆さんが時間通りに受付を済まされ開国式を始めることができました。
国王(渡口拓くん11歳)と王妃(名幸美姫さん18歳)を選出、きらびやか?な衣装を身に着けたお二人の下、キャンパー、家族、キッズ団、ボランティア全ての参加者が楽しい時間をすごすことを誓いました。

開国式
開国式

キャンパーが増えたためその家族やボランティアも増えました。ホテルのホールには入りきらないため今年の開国式は体育館で行ないました。体育館にはクーラーがなく暑さ対策に気をもみましたが扇風機を回したり、氷を準備しました。幸い程よく風も入り熱中症になる方もなく無事開国式を終えました。

3.プログラム
メインはプール遊びです。幸か不幸かホテルのプールが使用できなかったため大きなビニールプールを用意しました。体温調節がうまくいかないキャンパーが多いというこれまでの経験から温水プールをイメージして朝早くからお湯をためて準備をしました。これはキャンパーたちに好評であったようです。

プール遊び
プール遊び

他には押し花やアクセサリー作りがあり、お母さんに大好評のアロマや整体もにぎわいました。

キッズ団は沖縄ではなかなかなじみがない川遊びに出かけました。水量は若干少なめでしたがその分安心してはしゃぐことができました。途中すいか割りも行ないみんなでおなかいっぱい食べました。

4.お風呂
お風呂も重要なプログラムのひとつです。お風呂ボランティアの助けを借りて人工呼吸器をつけた子もバギングをしながら大きな風呂でゆったりからだを伸ばしてリラックスできました。

5.夕食・コンサート
ガーデンバーベキューでした。初めはまだ陽もあり暑さが残っていましたが、吹く風は例年より優しく次第に夕日もきれいに眺めることができ、お肉や野菜もたっぷりでおまけにオリオンビールもおいしく大満足でした。その後は場所を移し食堂ホールでフォークコンサートを堪能しました。特にアラ○○のパパママには懐かしく元気をもらえたひと時でした。

6.交流会夜の部
9時すぎからぽつぽつ集まりだし少し改まってあいさつなどを交わしながらおしゃべりが始まりました。しばらくすると喉も渇きますので第1回目の乾杯をして交流会の開始となりました。パパママご一緒の方、子どもが寝付かないからと代わりばんこで参加の方、スタッフ、ボランティアも次第に集まり会場がいっぱいになるほどでした(毎度のことですが)。その後何回も乾杯が行なわれたのは言うまでもありません。泡盛を飲みながらいろいろとお話を聞けるのも楽しみで今回もいい時間をいただいました。私は少し早めに眠りにつきましたが、お開きは何時であったか不明です。

7.交流会朝の部
夜の部と対極にある交流会です。6時プレーボールのソフトボールです。 がんばって起床しグランドへ行くとすでにキャッチボールをしている若者が二人いました。彼らは早起きではなく徹夜でした(でも元気いっぱい)。 メンバーがそろってきた頃に試合開始となりました。ここはまず安全第一といきたいところでしたが、(普段の運動不足を忘れ)気持ちは華麗な守備に鮮やかなヒットなものですのでついつい力が入ってしまいました。幸いけがもけんか?もなくさわやかな汗を流しました。

8.のんびりタイム
朝食後は思い思い時間をすごしました。キッズは思い出の作品作りをする子やシャボン玉を思いきり楽しむ子がありました。。キャンパーも結構シャボン玉で楽しんでいました。

のんびりタイム
のんびりタイム

9.閉国式
時間はあっという間にすぎるもので2日間のキャンプを終了しなければなりません。今回は天気に恵まれました。閉国式は当初の体育館からホテルの前庭で行ないました。ちょうど建物の影もあり涼しかったです

閉国式
閉国式

いろいろな参加者に感想を述べていただきました。また、来年も元気で再会できるようにとの願いをこめて国王と王妃の閉国宣言で全日程を終えました。

スタッフ・ボランティアはキャンパーを見送り、反省会を開きそれぞれの感想を話しました。キャンパーはもちろんボランティアの方々ともまたご一緒したいと強く思い家路につきました。

てぃんさぐの会 冨名腰義裕