サマーキャンプ おいでんほうらい【平成22年度】『がんばれ共和国』レポート

  • □愛知県新城市 / モリトピア愛知
  • □期日 / 8月20日(金)~8月22日(日)

今年も新城市にある愛知県民の森に29人のキャンパーを含む27家族、ボランティアを合わせ総勢138名が集まりました。猛暑続きのこの夏・・・、8月も後半だというのに鳳来もやはり暑い3日間となりました。実行委員会スタッフは今年も朝から会場準備。今年の鳳来のテーマは「ハワイアン」です。恒例となったみんなを迎えるロビーのアーチには、ハワイアンムードたっぷりにハイビスカスが飾られ山なのに、ハワイに来たようです。・・・

春から実行委員会ではテーマを決め、キャンパーやキッズ達に喜んでもらえるよう、みんな仕事の合間を縫ってフラダンス用の首飾り等を作って準備していました。昼頃からはボランティアさん達も集まり始め、賑やかになってきました。懐かしい顔や初めての顔・・・、でもそんなの関係なくみんな一緒にキャンパー達を迎える準備をします。

キャンパーも集まり建国式の始まりです。みんなの楽しみとなっている大統領決めのゲーム・・・もちろん担当は桑名先生。 ギリギリまで必死に調整してくれていました。今年は紐を引っ張りパイナップルを飛ばし、得点の決まったカゴに入れる・・・という手作りマシン。ゲームまでも南国ムードたっぷりです。このキャンプのキャラクターのポロンも女の子らしく頭にハイビスカスが飾られていました。そして大統領は荻野征也くん、副大統領には福島明日香さんが選ばれました。二人にはキャンプ長の小山Dr.からたすきとレイをかけていただきました。

解散後は入浴ボランティアさんの介助でみんなお風呂です。男の子キャンパーが多いほうらいキャンプなので、お父さん達も助っ人に行きます。今年は静岡キャンプにならって入浴カードを作ったのでスムーズ流れもだったかと思います。そして夕食。去年から夕食はレストランを使わずお弁当にしました。・・・が、いろいろと反省点もあり今年は仕出屋さんから配達をしていただきました。みんなお弁当のフタをあける前から歓声を上げていました。ものすごいゴージャス弁当です。お刺身大好きなうちの息子も大喜び。いつもは母の分までお刺身を食べてしまうほどですが、今日は自分の分だけでも大満足!!母も久しぶりにしっかりと味わわせていただきました。(^^)

今年のキッズには、少ないボランティアのサポートもしてもらうことにしました。夕食の会場作り、イベントの準備・・・スタッフはとても助かったそうです。

夕食会場は今からお化け屋敷に模様替え。お化けもキッズだから、驚かし方も容赦しません。^^;念入りに準備します。肝試しの準備中、外ではキャンプファイヤー。キャンプファイヤーを進行して下さったのはとらさんこと清水さん。いつもとは違ったカラーでのキャンプファイヤーで、とても好評でした。

夜も静まり今日最後のイベント・・・肝試し。みんなご褒美のお菓子をもらってお布団へ。

夜は保護者対象の交流会です。医療的ケアのあるお子さんもお母さん・お父さんと離れられるよう今年は大部屋で看護師さん達が集まれるキャンパーと一緒に過ごすという試みもしてみました。

交流会では「教育」「福祉」「医療」のテーマに分かれてそれぞれで討論。答えを出し解決できる問題ばかりではないので、いろんな意見を出し合って情報交換の場となりますが・・・どこのチームも時間が足りないようでした。

そしてそのまま二次会へ。・・・みんな明日は早くから気球なんだけど、、、大丈夫かな!?

あいでんほうらい

2日目の朝は5時前から気球の準備が始まります。夜中に降った土砂降りの雨は完全に消え快晴。・・・朝からすでにジリジリと太陽が照って今日も暑そうです。みんな早起きして乗った気球、気持ちよさそうです。準備に片付け・・・毎年お父さん達が一番活躍する気球。ご苦労様です。

今日はイベントが盛りだくさん。レストランでの朝食後、あゆのつかみどり。暑くてもあゆは元気です。みんなあゆに振り回されてます。それでもお昼ご飯なのでみんな必死にゲット!あゆつかみの後はすいか割り。スイカがひとつ行方不明になる事件も勃発しましたが無事発見^^;この間にBBQ会場では五平餅にやきそば・・・さっき掴んだあゆも着々と焼けていました。流しそうめんの竹も組まれ、準備万端! みんなでおいしくいただきました。今年はホントに暑いためか? 関口ファミリーによるカキ氷のサービスは大盛況!! シロップの種類も増えていました。いろんなものが毎年パワーアップしています。

そして、すぎの木センターではクラウンショーが開催され、、、3人のクラウンによる大道芸が披露されみんな大喜び。その隣ではシャボン玉。おっきなシャボン玉も大成功でした。今年は行く先々でイベントが開催されています。

玄関前ロータリーではピカチュウ&トヨタのピカチュウ号が♪みんな記念撮影をして思い出を残していました。一息入れたら、恒例となっているステンドグラスにはもう参加者がいっぱい。みんなそれぞれ素敵な作品を作っていました。ハイキンググループは風穴まで散歩です。そして桑名先生伝授のクラフトをみんなで作りました。木にさしたネジを回すとキュキュッと鳥のさえずりような音がします。午前中のイベントを頑張ってお昼寝していたキャンパーももちろんいました。みんな自分のペースでこの3日間を過ごします。無理をしなくていいのもこのキャンプの魅力です。

夕方からキャンパーの入浴を終え、また豪華なお弁当が待っていました。おいしくいただいた後は最後のイベント、「お楽しみ会」です。

まずは龍武のみなさんによる太鼓。迫力満点でした。子ども達にも太鼓を叩かせていただきました。そして、合間合間に「踊る大捜査線」のテーマが??? ニュースでは犯人の画像が流れ、、、女装した犯人を追いかけます。青島刑事も登場し、会場は大盛り上がり。

キッズ団によるフラダンス
堀部美香さんからは手遊び歌を教えてもらいました。
ふみちゃんとその仲間達によるよさこい「うらじゃ」(あゆみ学園のみなさん)
ステップワールドの皆さんは早着替えを交えたラッツ&スター~ピンクレディ夏のメドレー
みんなが楽しみにしている「ウォーターボーイズ」も今年はハワイアンでした。
刺激が強すぎてみんな夜眠れないんじゃ!?と心配になりますが・・・。みんなが寝たあとは、ボランティア中心の交流会を行い就寝です。

あいでんほうらい

最終日・・・。みんなまだまだ名残惜しいとは思いますが、、、閉会式です。3日間の思い出となったスライドショーを見ながら、みんな一人一人感想を述べていきます。記念撮影をしておしまい。今年も昼食を兼ねた反省会もしました。昼食のお弁当はなんと・・・女装犯と青島刑事が働くレインボーはうすから届けられました。

今年は患児ボランティアの参加がいつもより少なく、スタッフも裏方の仕事をしながら患児ボラとなりたいへんな3日間だったと思います。スタッフを兼ねていたボランティアがついたキャンパーは一緒に過ごす時間が削られてしまい、患児だけでなくご家族に負担をかけてしまったかもしれません。患児ボラを兼ねたスタッフはキャンパーとの時間を作れず辛い思いをしていたと思います。それでもみんなそれぞれがやれることをやり、それぞれに楽しい思い出を作ってくれました。みんなの力があってこそできた今年のキャンプはみんなの心に刻み込まれたことでしょう。

ご協力くださったみなさまありがとうございました。

(後藤 久代)

あいでんほうらい